風俗の風俗嬢がすそわきが


今回は当サイトでは新しい試みといいますか、一風変わった感じでの記事の公開です。というのも私の友人(男性)が飲みの席で興味深い話をしていたので、それを記事にしたくて代筆という形を取らせていただきます。

私たち女性にとっては一生体験する事のない話なので、おもしろコンテンツとしてもご一読を。それにリアルな話なので生々しさも相まってすそわきがの対策へのモチベーションにもなるはずですから。では早速筆者交代させていただきますね。

風俗に行ったら嬢がすそわきがで気が狂いそうになった話

では交代します。初めまして、このサイトの管理人さんの友人です。今回は「あの飲み屋でしてた話記事にしてくれ!!」と急に言われて、「してくれないとどうなるか分かってるよね・・・?」なんて微笑まれたので仕方なく喜んで書かせていただきます。

少しエッチな話になりますが、不快感を与えすぎないように注意して書いていきますので、もし興味があるなという方は一度覗いてやってください。

恥ずかしながら万札握りしめ風俗へ

やはり男というものは一人では夜を乗り越えれない日があります。本当に男には誰にだってあるんですよ。僕も例に漏れずそんな夜がありまして、そんな日は無心でATMへ行って万札を下ろします。

そして向かうはピンクのネオンが煌めく繁華街へ。仕事で溜まりに溜まったストレスと何かを発散しないと明日を迎えられない。気づくと自然と足は見慣れた雑居ビルに向かいます。そうです、いわゆる風俗。いいんです、どうぞ軽蔑してください。それも織り込み済みです。

癒し系の女の子をチョイスしプレイルームへ

受付では慣れた感じを装い癒し系の女の子をチョイス。パネマジ上等ばっちこい。自分はなんでもいける口です、押忍。でも嬉しい誤算というか、実際に嬢と会うとパネルそのままの女の子で心の中でガッツポーズをしたのは言うまでもありません。

そしてプレイルームに案内されてタバコをふかしながら少し会話。いやー性格もよくて本当に幸せな時間でしたよ。そして少しキスをして一緒にお風呂へ。服を脱がせてあげて、よしお風呂だと思った瞬間、鼻を刺激臭が襲いました。

鼻を突くすそわきが臭。全てが台無しに。

正直そのあとの事はあまり覚えていません。風俗嬢がパンティーを脱いだ瞬間強烈なワキガ臭がして全ての行為が苦痛以外の感情なしに行えませんでした。なんと言うか鉛筆の芯の臭いを100倍不快にしたような臭い。すそわきがについては名前は知ってましたが、ここまでのものとは。

僕は自称クンニ魔神と言われていますが、さすがにクンニするなんて自殺行為。余談ですが、彼氏がクンニしてくれないのはスソワキガだからかもしれません。本当ですよ。ただ何もしないのも相手に悪いと変な気遣いを見せて手マン。残念ながら未だに指からあの匂いがします。(参考:すそわきがを手マンしたら3日は臭いが取れない)

口呼吸でなんとか射精。こんなの初めて。

女性に言われると嬉しい言葉に「こんなの初めて!!」と言うのがありますが、逆に僕がこんなの初めて状態。匂いがキツすぎて口呼吸のみで射精しました。仕事の疲れを癒しに来たのに謎の一仕事終えた感。

射精した後は賢者タイムが訪れますが、普段の賢者タイムに比べてお金を払って地獄を見に来た無駄金感に苛まれてより冷静になりました。顔も性格も可愛いのにすそわきがの彼女に逆に同情しながら退店しました。

この体験を通して僕が言いたいこと

風俗嬢がすそわきがで金をドブに捨てました。そんな経験を踏まえて僕が言いたいこと。それは女性こそあそこの匂いケアはより重点的にやるべきと言うこと。やっぱり構造上男性器に比べて女性器は体内に入っていますから匂いが出やすいです。

それに何より男の僕から言わせてもらうと、いくら可愛くてもすそわきが臭があると一瞬で嫌いというか冷める自身があります。だから女のこはお願いだからスソガを治してから出直して来てください。これ以上夢を壊さないで。

どうでしたか?

私たち女性は風俗に行くなんて経験がないので、風俗嬢がすそわきがだった時のショックは計り知れません。でもあの匂いを間近に感じているという点では悲惨な思いをしたのがわかると思います。

彼が最後に書いているように、私たち女性は男性に比べてアソコの匂いはキツくなりがちです。もちろん構造上もそうですし生理なんかもあったりしますから。だからこそきちんとすそわきがを含むあそこの匂いケアは大事です。

以下では参考までにそんな女性のすそわきがのケア方法について紹介しておきます。風俗嬢の話を聞いて、もし心配になった方は一度チェックしてケアを実践して見てくださいね。


女性のすそわきがのケア方法を見てみる